女性院長(精神科専門医)
初診再診完全予約制 
自立支援(精神通院)指定医療機関 
生活保護指定医療機関

心療内科・精神科

医療法人社団元志会
さぎぬまメンタルクリニック

TEL.044-789-5660

東急線鷺沼駅北口徒歩2分

相談事例

下記は相談の一例になります。制度について、詳しくお知りになりたい方は、受診の際に、受付のケースワーカーにお声かけください。相談先がわからないといったこと含め、お気軽にご相談ください。

「通院は続けたいけど、診察代やお薬代で金銭的な負担が多くて心配だな…。」

→当院の受診料や薬局等で保険が適用になるお支払いに関して、自己負担額が1割になる「自立支援医療制度」を利用できる可能性があります。
制度詳細は受付のケースワーカーにお尋ねください。

「仕事や学校を病気でお休みしている間、引きこもりがちになりそう。お休みしている間に、どこか通えるところはないかな?」

→休職中の方には、他の精神科クリニックのデイケア等で実施している「リワーク(復職支援)プログラム」について情報提供を行っています。

→学生の方は、目的やお住まいの地域に合わせて、通所できるところや相談機関等を一緒にお探し致します。

「お仕事をお休みしている間、収入が減ってお金のことが心配…。」

→休職されている方は、傷病手当金制度を利用できる可能性があります。
詳しくは、ご自身の職場の人事担当の方や、加入されている保険の保険者(協会や組合)へお問い合わせ頂く必要がありますが、一般的な制度概要についてお知りになりたい方にはパンフレットをお渡ししておりますので受付へお声掛けください。

「病気のことを職場の人に知ってもらって、配慮してもらいながら働くことはできるのかな?」

→精神障害を周囲に理解してもらい、サポートを受けながら就労できる障害者枠就労という働き方があります。
就労するには、精神障害者手帳(1~3級)を取得する必要があります。
精神障害者手帳については受付でパンフレットをお渡ししております。

「福祉の制度やサービスを利用したいけど、どこに相談すればよいかわからない。」

→実際の申請先はお住まいの市・区役所窓口になりますが、「まずは、どんなサービスがあるか知りたい」「申請の流れを知りたい」等は、当院でご相談いただくことが可能です。

ケースワーカーに相談できること